小じわに効く化粧品を駆使して若さを保て!

ウーマン

増え続ける皮膚トラブル

ビキニの人

皮膚トラブルを予防する

アトピーは現代病といわれ、いまだ増加の傾向があります。また少し前までは子どもに多い皮膚疾患でしたが、最近では大人になってからも続いたり、突然アトピー肌になるケースが増えています。アトピーを予防するためには、毎日の適切なスキンケアが大変重要です。アトピーの要素を持っている人は、角質層に問題があるとされています。肌の水分を保ち続けられずに乾燥気味で、バリア機能が低下しているために外部刺激に弱くトラブルを起こしやすい特徴があります。また健康な肌の人でも洗浄しすぎたり、生活リズムが崩れたりするなど、何らかのきっかけでトラブルを起こしやすい肌になってしまうことがあります。日々不足しがちな保水能力とバリア機能をスキンケアで補うことで、刺激をシャットアウトしアトピーやトラブル肌を予防することができます。スキンケアは日々の生活の中の、あらゆる場面でする機会があります。まずお風呂ではきちんと汚れを落とし、保湿することが大切です。お肌に優しく洗浄成分のあるシャンプーやリンス、ボディーソープや石鹸、メイク落としを使用し、汚れを落として保湿効果の高い入浴剤で全身保湿しましょう。お風呂から上がったら五分以内に全身を保湿し、潤いを閉じ込めましょう。顔には化粧水や乳液などの保湿クリームを、全身にはボディークリームなどの保湿剤を塗り、不足している水分を閉じ込めてバリア機能を補いましょう。食器などを洗う時は、低刺激の洗剤を使うか手袋をするとよいでしょう。また手洗いの後は、毎回ハンドクリームを塗ると効果的です。アトピーや敏感肌専用の低刺激タイプの洗剤や化粧品も、数多く販売されています。スキンケア商品も自分のお肌にあっていないと、それが原因でトラブルを起こしてしまいます。必ずパッチテストをして自分に合うか確認してから、必ず使用することが大切です。毎日のスキンケアでトラブルを防ぎ、美肌を目指しましょう。